会社設立にかかる司法書士費用 - おしえて!会社設立の費用

本当に知りたい会社設立の費用について
Home » 会社設立の費用について » 会社設立にかかる司法書士費用

会社設立にかかる司法書士費用

会社設立の費用について

会社設立にかかる費用は、司法書士に支払うものもあります。
これは決して必須費用ではないのですが、実際に会社を作るためには必要になることが多いですね。

司法書士にお願いできるのは、会社設立のために必要な書類の作成のサポートや、完全な代行、法務局への提出などです。
特に大きいのは法務局への書類提出ですね。
書類を作るだけなら他の専門家にお願いできることもありますが、法務局での手続きまでお願いできる相手はなかなかいません。
ここまでできる司法書士なら、会社設立にかかる手続きのほぼすべてを代行してもらえますから、自分は本業に専念できます。
時間や手間を大幅に省けるうえに、専門家に任せれば手続きの不備なども少ないため、これを利用する方が実際には多いんですね。

もちろんこのサービスは有料で、その費用はだいたい1〜20万円ほどになります。
かなり費用に差がありますが、これは司法書士に何をお願いするかによって、値段が変わるためです。
できるだけ費用を抑えたいなら、お願いすることを少なくするといいでしょう。
たとえば法務局への書類提出は、書類に不備さえなければそれほど難しくはありません。
ココは自分でやって費用を浮かせて、書類の作成の代行だけを司法書士にお願いすれば、2〜3万円程度の費用で済むこともあります。

もっと費用を抑えたいと思えば、書類の作成代行ではなく、そのサポートだけをお願いするのもいいでしょう。
必要な書類の種類や書式だけ教えてもらって、実際の作成は自分でやれば費用もかかりにくくなります。
定款など個人では作成が難しい一部の書類に限り、司法書士の手を借りるのもオススメです。

このような部分的なサポートではなく、完全に手続きを代行してもらうと、それだけ費用も高くなります。
このときは司法書士への報酬だけで合計20万円近くいくこともあります。
やや費用がかかりますが、その代わりに会社設立にかかる時間や手間は大幅に省けます。

このように費用に違いはありますが、司法書士を頼れば会社設立が楽になるのは間違いありません。
実際に利用を考えることも多いでしょうから、この費用のことも計算に入れておくといいですよ。