会社設立にかかる行政書士費用 - おしえて!会社設立の費用

本当に知りたい会社設立の費用について
Home » 会社設立の費用について » 会社設立にかかる行政書士費用

会社設立にかかる行政書士費用

会社設立の費用について

行政書士からも会社設立のためのサポートを受けられます。
司法書士を選ぶか、行政書士を選ぶかは自由で、どちらを選んでも一定のサポートを受けられる点は変わりません。
この専門家への費用も会社設立費用に含まれやすいのは、やはり手続きの手間を軽くするためです。
自分でやらなくても専門家がある程度の手続きを代行してくれますので、それだけ負担が軽くなります。
いい行政書士に心当たりがあれば、依頼してみるといいですよ。

この専門家の利用でかかる費用は、1〜8万円程度のことが多いですね。
司法書士よりもやや費用が安いことがありますが、これは行政書士にお願いできるお仕事内容によるものです。
行政書士ができるのは、会社設立の手続きに関する説明や、必要書類の説明、それら必要物の作成に関するサポートや代行などです。

司法書士との違いは、法務局での手続きの代行まではできないことです。
そこまでできるのが司法書士で、それ以外のサポートができるのが行政書士となります。
すべての手続きの完全代行までは、行政書士単独ではできないため、書類の作成代行を請け負っている専門家が多いですね。

定款を始め、会社設立のために必要な書類の作成を完全に代行してもらいたいなら、5〜8万円近くかかることが多いです。
これで必要な書類さえ手に入れば、あとはそれを法務局に届ければ手続きの大半は終了です。
これだけでも十分に手間は軽くなりますよ。

もっと費用を抑えたいなら、部分的に書類の作成を手伝ってもらうといいでしょう。
たとえばごく一部の書類に限って作成を代行してもらったり、書類のひな型は自分で作ってきて、清書だけやってもらったりといったことです。
これなら5万円以下でやってもらえることも多いですよ。

行政書士にかかる費用はこのようになりますが、まれにすべての手続きを代行してくれる専門家もいます。
法務局への手続きは、提携している司法書士へまた依頼する形で、すべての会社設立手続きを代行してくれるんですね。
この場合は費用が10万円以上かかることもありますが、その代わりに手間を大幅に省けます。
このような場合もあります。