会社設立にかかる費用の相場 - おしえて!会社設立の費用

本当に知りたい会社設立の費用について
Home » 会社設立の費用について » 会社設立にかかる費用の相場

会社設立にかかる費用の相場

会社設立の費用について

会社設立にかかる費用の相場をご紹介します。
どれだけ費用がかかるかは、会社設立の方法にもよります。
まず自分でやる場合、最低でも24万2000円ほどかかるのが相場ですね。
私が大阪で会社設立をした際も大体25万円ほどがかかりました。
これにさらに交通費や切手代などがかかったものが、会社設立にかかる合計費用になるでしょう。

まず最低でも24万2000円ほどかかるのは、これが会社設立にかかる最低費用だからです。
唯一省けることがあるのは、定款に貼りつける印紙代4万円ですが、これをするには専門の設備が必要で、個人では用意がないことの方が多いでしょう。
それを用意する手間やお金を考えると、結局は紙の定款を作る方が早いことも多く、最低でも24万2000円ほど必要になることが多いですね。

また、追加で必要になる細々したお金もあります。
専門家等に依頼しない場合、自分で公証役場まで出向いて認定をもらったり、法務局まで出かけて登記の手続きをする必要があります。
近所にこれら施設があれば徒歩で行けるためお金はかかりませんが、そうでない場合の方が多いですよね。
バスや電車を使ってこれら関係施設へ往復するお金も、実際には会社設立費用として必要です。
自分で手続きする場合、書類等に不備があれば再提出となるため、これら雑費にも余裕を持たせておきましょう。
合計で1万円ほどあれば、その他の細々したお金も間に合うでしょうから、合計して25万2000円ほどが平均して必要になる費用となります。

もし誰かに代行してもらう場合、会社設立にかかる費用の相場は20万2000円ほどです。
自分でやるときよりも費用が安くなるのは、定款に貼る印紙代を節約できるためです。
電子形式で定款を作ると印紙がいらなくなるため、会社設立にかかる最低費用が安くなるんですね。
コレを代行しているサービスでは、特別な希望がない限りは電子形式でコレを作るのが主流になっているため、会社設立自体にかかる費用は4万円ほど安くなるのが相場です。
もちろん手続きを代行した相手への報酬の支払いがありますが、こちらもそれほど高くはならないのが相場で、高くても自分でやったときより1〜2万円ほど高くなる程度です。