会社設立の費用についての記事一覧 - おしえて!会社設立の費用

本当に知りたい会社設立の費用について

会社設立の費用について

会社設立は登記が必要

会社設立の費用について

 

会社設立時は管轄の税務署や公証役場に、手続きや申請が必要となります。
その際、必要となってくるのが会社や企業としての登記です。
登記とはどういうことなのかと言えば、簡単に言うと会社や企業として設立したことを国に認可してもらい、登録するという感覚です。
この登記に関しては、色々な条件が定められており、それをクリアしている企業や会社が実際に登録することが可能となっています。
興味があるという方は、まずはそれらの点も含めて会社設立について考えてみてはいかがでしょうか。
会社設立の際には必要となってくる登記の手続き・申請もあり、知識がないとついつい忘れてしまっていることもあります。
当然ですが登記していない場合は会社や企業として認められていない状態のため、会社設立をする際には足枷になってしまうこともあるのです。
そこは気を付けておくことが必要となるでしょう。

近年は簡単に会社設立ができるようになったということで、多くの方が気軽に会社設立を行っているのです。
しかし、いざ会社や企業を始めると言っても「今日から事業をやります」と宣言するだけで良いかと言えば、そうではありません。
事業内容を精査し、会社や企業として認めて良いのかどうかを考えて、その上で許可を出すことが必要となってきます。
つまり、誰もが会社設立できる時代ですが、勝手に始めて良いのかというと、そうではないということです。
これから会社設立を考えている方は、まずはしっかりと考えてみることをおすすめします。
そうすれば、より魅力も感じられるようになるのではないでしょうか。
会社設立に関しては、最初こそ面倒や手間もかかりますが、しっかりやれば難しいことはそこまでありません。

ただ、会社設立の登記に関しては、司法書士や行政書士の力が必要となります。
司法書士や行政書士は、色々な手続きや申請に強いですし、必要な書類も作成してくれます。
そのため、どちらにしても今後頼りになる存在になる可能性が高いです。
会社設立をする際には、そういう行政書士や司法書士の力を借りてみてください。
その他、税理士なども頼りになることは間違いないです。
そういう専門家の力を借りれば、トラブルや問題もなく対処できることは間違いないです。
それらの点も含め、まずはしっかりと考えて会社設立を行ってみてはいかがでしょうか。
会社設立で困ったことがあった場合は、まず専門家に相談した方が良いです。

会社設立で英語表記にする魅力

会社設立の費用について

 

会社設立をする際、近年悩む方が多くなっているのが会社の表記に関してです。
会社というのは、どこで経営や運営を行っていくかによって、表記も違います。
海外を拠点にしているのに、日本語で会社設立をしても効果は薄いと言えるでしょう。
近年は英語表記による会社設立を行っているところがとても多くなっています。
何をする会社や企業なのかによっても違ってきますが、やはり会社設立に関しては英語で表記した方が後々海外に進出する場合も楽ですからね。
また、近年は外国から働きにやってくる人も多く、日本の企業や会社で働きたいと思っている方もとても多くなっています。
それを考えると、やはり会社設立は英語表記を使った方が良いと言えるでしょう。
また、その他でも英語に関することは色々と考えておいた方が良いかもしれません。

会社設立と英語に関しては一見無関係だと思うかもしれませんが、そんなことはありません。
むしろ英語を浸透させておけば、事業を行っていく上でもとても重要となってきます。
基本的に英語に関しては、単純に表記だけではなく、社員同士のコミュニケーションとしても使っていくと、よりグローバルな企業・会社として経営していくことが可能です。
これから会社設立を考えている方は、英語をどのように浸透させていくかも考えていくことが必要となるかもしれません。
事業内容によっては、社長や代表取締役が外国人ということもあります。
そういう場合にも、やはり英語を使うことが必要となってくるのではないでしょうか。
なお、会社設立を行う際には英語表記も合わせて考えておくと良いです。
それらの決定については会社の形態によっても違ってくるので、まずはしっかりと話し合っていくことが必要となるのではないでしょうか。

近年は色々な会社が増え、日本語表記を使っているところもまだまだ多いです。
ただ、近年は多くの会社が英語表記を使うようになり、その様子も変わってきています。
これから会社設立をする場合は、魅力もとても大きいと言えるでしょう。
英語を使うことも含めて考えておくと、より会社設立に関しても世界が広がるのではないでしょうか。
英語はこれからさらに必要性が増してくるので、そこもしっかり考えておくと良いかもしれません。
事実、しっかり考えてから会社設立をしておけば、後々にかなり役立つかもしれません。
英語表記にしておくメリットはありますし、デメリットはほとんどないので、そこも積極的に取り入れたいところです。

会社設立!登記に必要な書類とは?

会社設立の費用について

 

会社設立をするとき、登記に必要な書類について調べる人も多いでしょう。
登記に必要な書類は複数あり、1つでも欠けてしまうと登記の申請が出来なくなってしまうので注意が必要です。
そこで、会社設立をするときの登記に必要な書類について見ていきましょう。

・登記に必要な書類とは?
登記に必要な書類は登記申請書だけではありません。
他にも、登録免許税納付用台紙やOCR用申請用紙または磁気ディスク(CD-R)、定款などが必要です。
書類の名前だけではよくわからないという人も多いと思うので、詳しい詳細を加えながらご紹介をしていきます。

1.登記申請書
パソコンまたは手書きで書くことができ、規定の書式によって書類を作成していきます。
手書きで書く場合は鉛筆はNGで黒ボールペンで書きます。
サイズはA4と決まっていて、法務局のホームページから書き方を確認できます。

2.登録免許税納付用台紙
これは登録免許税を収入印紙で納める台紙で、必要な収入印紙を貼って登記申請書に添付します。

3.OCR用申請用紙または磁気ディスク(CD-R)
法務局の窓口で文字を読み取るOCR専用の登記申請用紙を入手。
登記に必要な事項を記入し、登記申請書に添付します。

4.定款
公証人の認証を受けた定款を添付し、公証役場で認証を受けた場合は定款の謄本、電子定款で認証を受けた場合は磁気ディスクで提出します。

5.払込証明書
払込証明書は資本金の払込を証明するもので、発起人の通帳コピーと一緒にクリップでとめて提出します。

6.発起人の決定書
発起人の決定書には、発起人となる全員の押印が必要になります。

7.就任承諾書
設立時の取締役や代表取締役、監査役などの就任承諾書を添付します。
しかし、取締役が1人の場合は当然、代表取締役になるので就任承諾書は不要となります。

8.取締役の印鑑証明書
取締役会を設置していない場合は、各取締役の就任承諾書に個人の実印を押し、印鑑証明書を添付。
しかし、取締役を設置している場合は、代表取締役の就任承諾書に実印を押して、代表取締役の印鑑証明書を添付します。

9.その他の書類
他にも資本金に現物資金がある場合は、調査報告書や財産引継書、資本金額の計上に関する証明書を提出します。

10.印鑑届出書
会社の実印は法務局に行って登録を行う必要があります。
登録をした印鑑届出書に代表取締役個人の実印を押し、代表取締役個人の印鑑証明書と一緒に添付します。
このように会社設立をするときは登記として、上記であげた書類が必要なります。
1つでも必要書類を添付し忘れてしまうと、スムーズに手続が出来なくなり登記の申請が遅れてしまうこともあるので注意しましょう。

簡単にできる会社設立と費用

会社設立の費用について

 

会社設立にはいろいろな書類を揃えて記載し、届け出も行わなければいけませんので、とても手間がかかって面倒なのですが、簡単に行う方法はないのでしょうか。
自分で行う場合にはかなり面倒なのですが、書類の作成などを代行してくれる会社が存在しているのです。

このような会社を利用することで、誰でも簡単に株式会社を設立することができます。
もちろん株式会社だけではなく、合同会社の設立も代行してくれる業者が多くなっているのです。

書類の作成などを代行してくれるだけではなく、よい業者であれば他にどのような物が必要なのか、税金対策や知っておかないと損をしてしまうようなことまで教えてくれます。
このような情報はインターネット上にも記載されていませんし、本を購入しても載っていない場合が多いのです。

省庁などのホームページは、専門用語を使ってゴチャゴチャに書かれていることから、普通の人では理解するのが難しいでしょう。
だからこそ専門家に助けてもらうことで、誰でも簡単に会社の設立ができるようになるのです。

重要なのはどこの業者を利用するかという点ですが、もちろん良し悪しが存在しているので、事前の情報収集は欠かせません。
あまりよくない業者を利用してしまうと、料金だけたくさん取られて、肝心なところは教えてくれない場合や、あまり手助けしてくれないこともあります。

よって利用する業者の情報収集や比較などは必ず行いましょう。
もちろん無料で利用することはできないので、いくらか料金を支払うようになります。

そこで会社設立を助けてくれる業者を利用する場合には、いくらぐらいお金を支払う必要があるのか確かめておきましょう。
相場がわかっていれば、これは明らかに高い、なぜこんな安い料金で利用できるのかなど、疑問を持つことができるのです。

当然利用する業者によっても料金は異なりますし、株式会社を設立する場合と、合同会社を設立する場合でも料金が異なっている場合もあります。
さらにどこまで補助してくれるのか、どこまで代行してくれるのかによっても料金が異なってしまうので、いくらが相場だと明言することは難しくなっています。

それでも通常は1万円から3万円ぐらいの費用で業者を利用できる場合が多いでしょう。
サポートや代行をたくさん行ってくれるのに、相場よりも料金が安い場合には注意しましょう。

逆に明らかに料金が高いのに、あまりサポートや代行を行ってくれない業者も要注意です。
料金をしっかりと提示し、業務内容を記載しているところに依頼しましょう。

会社設立費用の仕訳について

会社設立の費用について

会社設立にかかる費用は原則経費になりますが、コレを計上するときに大事なのが仕訳ですよね。
簡単に言えば、仕事のために必要だったそのお金は、具体的にどんな理由で必要だったのか、そのカテゴリ分けをするものです。
たとえば賃貸オフィスなどを借りており、その家賃の支払いのために使ったお金は、地代家賃という項目で処理します。
仕事用に会社が借りている電話にかかった通話代は、通信費という項目になりますね。
このように経費にするには適切にカテゴリ分けする必要がありますが、会社設立にかかった費用はどのような仕訳になるでしょうか?
(さらに…)

会社設立にかかる費用の相場

会社設立の費用について

会社設立にかかる費用の相場をご紹介します。
どれだけ費用がかかるかは、会社設立の方法にもよります。
まず自分でやる場合、最低でも24万2000円ほどかかるのが相場ですね。
私が大阪で会社設立をした際も大体25万円ほどがかかりました。
これにさらに交通費や切手代などがかかったものが、会社設立にかかる合計費用になるでしょう。
(さらに…)

会社設立にかかる行政書士費用

会社設立の費用について

行政書士からも会社設立のためのサポートを受けられます。
司法書士を選ぶか、行政書士を選ぶかは自由で、どちらを選んでも一定のサポートを受けられる点は変わりません。
この専門家への費用も会社設立費用に含まれやすいのは、やはり手続きの手間を軽くするためです。
自分でやらなくても専門家がある程度の手続きを代行してくれますので、それだけ負担が軽くなります。
いい行政書士に心当たりがあれば、依頼してみるといいですよ。
(さらに…)