会社設立の手続きを依頼する専門家とは一体誰!? - おしえて!会社設立の費用

本当に知りたい会社設立の費用について
Home » 会社設立の費用について » 会社設立の手続きを依頼する専門家とは一体誰!?

会社設立の手続きを依頼する専門家とは一体誰!?

会社設立の費用について

 
会社設立にはいろんな手続きや作成書類等があるため、とても自分では出来ないと思っている人も多いでしょう。
手続きや作成書類等が自分で出来ないということであれば、専門家に依頼して会社設立をしてもらうのがおすすめですよ。
そこで、会社設立の手続きを依頼する専門家とは一体誰なのかについて見ていきましょう。

 
・誰に依頼するのが正しいの?
会社設立に関する手続きの依頼をする際、専門家に依頼をすることは分かっていても、誰に依頼をしていいのかが分からないという人は多いです。
人によっては「税理士でいいんじゃないの?」という人もいれば、「行政書士に依頼したほうがいいのではないか」と考える人もいます。
会社設立に関する依頼が出来るのは主に税理士や司法書士、行政書士などです。
この際、会社設立に関する手続きを依頼したいという場合は、司法書士に依頼をするのが正しい判断だと言えるでしょう。

 
・司法書士に依頼する理由!
そもそも、司法書士と言うのは登記を行う専門家を意味しています。
このため、税理士や司法書士、行政書士の中で代理で登記の手続きが出来るのは司法書士のみとなります。
この際、税理士や行政書士に登記の手続きを依頼しても、断られてしまうことが多いので注意しましょう。
税理士と言うのは税務や決算についての専門家であるため、こういった点で相談があるのであれば税理士に相談を持ち掛けてみるのはいいと思います。
また、行政書士と言うのは権利義務または事実証明に関する書類の作成、行政に提出する書類の作成が専門となります。
仮に、1つ1つを専門家に依頼したいということであれば、税理士や司法書士、行政書士に書く手続きや書類の作成、決算などに関して依頼してみてはいかがでしょうか。

 
このように会社設立に関する手続きを依頼したいという場合は、司法書士に依頼しましょう。
司法書士は登記手続きの専門家であるため、素早く登記申請を行ってくれると思います。
主に、司法書士が登記の申請を行うときは、電子定款によって申請を行うため最短で会社設立が出来ますよ。
また、設立する会社が特殊な業種で、認可手続きが必要だという場合は行政書士に手続きを依頼して代理で行ってもらうのもおすすめですよ。
会社設立をした後は税務の申告により税理士に依頼することが多いので、会社設立時に決算について詳しく聞いておき節税対策や消費税免除のやり方などを聞きながら交流を深めておいたほうがいいでしょう。